山口製糖 株式会社


特集 様々な記事をご紹介いたします。


第3回 特集「お客様の声を聞く ~後編~」

前回に引き続き、「ちいさなお菓子工房 こむぎ」の店主、北岸実希子様にお話をお伺いしています。後編では、前編から1年が経過し以前と現在のお店の状況や、山口製糖の製品との関わりについてインタビューさせて頂きました。

 

~現在の状況について~

(コロナ禍でのお菓子作りやお店との向き合い方)

従来の工房販売では、ご来店いただいた方から順番に販売させて頂いていました。以前よりとてもたくさんの方が並んでくださりお菓子をお買い求めくださっていましたが、コロナ禍になりお並びいただかずにすぐにお渡しできるようにするために、事前のお取り置きのみでの販売へと変更させていただきました。

1年前は山口製糖さんのてんさい糖を使用したプリンアラモードやカヌレ等の新商品を作りたいと考えていましたが、コロナの影響によりお誕生日ケーキのご依頼やお取り置きのご要望が増え新商品の開発が進まず、私が作りたいと思うものとお客様のご要望にお応えすること、どちらを優先するべきか、お菓子作りやお店との向き合い方に悩んでいます。

 

~山口製糖の砂糖を導入した背景~

お菓子の試作をしている時に、砂糖を替えたら同じレシピでも全然違うお菓子になると知り、何度か使用させて頂きました。山口製糖さんの砂糖は商品のほぼすべてに使用していますが、てんさい糖は粒子が細かいためバター等の材料や生地に馴染みやすく、キレイな仕上がりになります。また、あっさりさっぱりしているのにじんわりとしたコクがあり、風味が良く後味もスッキリとし、お客様にもまた食べたくなるとご好評を頂いております。

 

~砂糖の使い分け~

シンプルな味に仕上げたいものやメレンゲにはてんさい糖のみを使用しております。コクを出したいときには、てんさい糖ときび砂糖を混ぜたり、サクッとしたものを作りたいときにはてんさい糖と粉糖を混ぜたりしています。カスタード等、あまり色を付けたくないものにはてんさい糖とグラニュー糖を混ぜて使用しています。

どんなお菓子でもてんさい糖は入ると風味が美味しく仕上がりますが、同じ作り方や配合でも砂糖の種類によって違った仕上がりになるため、通常はてんさい糖で仕込みをしているクッキー生地やスポンジを山口製糖さんのブラウンシュガーに置き換えて作ってみたりなど、新しく試していきたいです。

 

~弊社の製品を検討している方へ~

お客様や飲食・ケーキ屋さんを営んでいる友人にお勧めしているのですが、山口製糖さんのてんさい糖はお菓子や料理、飲み物、何に使っても仕上がりがすごく美味しくなります。

さらっとしていて粒子が細かく扱いやすく、最後に口に残るぎゅっとした甘さが無くスッキリとした後味なので、本当におすすめです。

 

店名 :ちいさなお菓子工房 こむぎ

お店の住所:大阪府堺市東区北野田355

名前 :北岸 実希子

営業時間:工房販売 不定期オープン。詳しくはInstagramをご覧ください。

お誕生日ケーキ 不定期

(現在はすべて完全予約制。詳細はInstagramの営業カレンダーをご覧ください。)